看護師転職-夜勤専従という働き方

病棟看護師としての働き方は、いくつかあります。中でも代表的なのは、3交代や2交代といったシフト制の働き方ですよね。ですが、この他に夜勤専従といった働き方もあります。できるだけしっかり稼ぎたいと思っている人からも選択されている働き方ではありますが、やはり夜勤専従として働く場合、いくつか考えておかなければならないことがあります。

看護師の仕事はハードであると言われることが多いですが、その理由の1つとして挙げられるのが夜勤の問題です。2交代、3交代という形で夜勤と日勤がある場合、どうしても体力を奪われてしまいますよね。

いつでもすぐに眠ることができるという人であればそれほど苦痛にはならないかもしれませんが、日勤から夜勤に切り替わるタイミングではなかなか眠ることができないという人も多いです。

夜勤専従であれば日勤と夜勤を繰り返すこともなく夜勤のみという働き方ができるわけなので、2交代、3交代に比べれば体調管理がしやすくなります。

夜勤の仕事内容といっても、日勤の時とそれほど変わりありません。しかし、ほとんどの病院では日勤に比べると夜勤のほうが人数が少ないため、1人あたりの仕事内容はハードになってしまうことも多いのです。

夜勤専従で働いている看護師の中には、男性看護師も多くいます。男性は女性に比べて体力があるだけでなく、気の荒い患者さんの扱いにも向いているということもあり、夜勤専従として男性看護師を雇用する病院も増えてきているようです。

夜は人数が少ないということもあり、男手があると力仕事がある際にも頼りがいがありますよね。それに、人数が少ないということは、急な想定外の事態が起きた時に修羅場のような忙しさになってしまうということでもあります。

急患が続いたりすると、目が回るような忙しさになってしまうことも珍しくありません。夜勤は確かに手当が高額で稼ぎやすいですが、体力がある人でなければ続けるのが難しい働き方だということを理解しておかなければなりません。


男性看護師が活躍できる職場とは

昔に比べると、男性看護師の数もかなり増えてきています。しかし、一般病棟での働き方は女性看護師に気を使いながら働かなければならないことも多く、ストレスを溜めこんでしまう男性看護師もいるようです。

男性看護師が求められている環境といえば、精神科での仕事です。精神科で治療を受けている患者さんの中には、女性看護師の手に負えないほど暴れてしまう方もいます。

患者さんが暴れたことが原因で大きな怪我をしてしまう女性看護師もいますが、力のある男性看護師であれば女性に比べて怪我をする可能性が低くなりますよね。そのため、女性看護師にとっては非常に頼りになる存在だと言えるでしょう。

実際に、精神科で働いている女性看護師から、男性看護師を増やしてほしいと病院側に要望が寄せられることも多いようです。もちろん、一般病棟でも男性看護師が活躍できるシーンはたくさんあります。ただ、数ある診療科目の中でも最も需要があるのが精神科だと考えればいいですね。

一般病棟ではあまりやりがいを感じることができなかったという男性看護師の中にも、精神科で働くようになってから毎日頼りにされて非常にやりがいのある日々を過ごすことができるようになったという人がいます。

精神科というと特殊性が強いということもあり、不安に感じてしまう人もいるかもしれません。ですが、暴れる患者さんが屈強な男性であった場合、女性が対処をするととても危険ですよね。

それに、女性看護師は甘く見られてしまい、なかなか話を聞いてくれない患者さんがいるのも事実です。精神科という診療科目では精神的に不安定になってしまい、力で押さえつけるしかない場面もありますが、そういった場面でも男性看護師は大活躍することができます。

もちろん、患者さんの中には若い女性もいるわけなので、男性看護師さえいればいいという話ではありません。精神科での仕事は、男性看護師と女性看護師が協力しながら働ける環境だと言えるでしょう。